【生年月日から運勢を占う】九星気学とどんなものなのかを詳しく解説

占いという道しるべ

占いは私達の道標である

ウーマン

悩んでいる時や不安な時に参考になるものの1つとして、占いが挙げられる。2017年も半ば、2017年卒の学生も社会人生活が始まり2ヵ月が経つ。今までとは違う「社会人」という土俵で上手くいかず、今後の運勢を占ってもらった人もいるのではないだろうか。占いは、私達の生活に根付いているものだ。その証拠に、その日の運勢を表す「星座占い」等が毎日テレビで放映されている。ということは、一定数の需要があるということだ。更に、それを見て最下位だと「今日の運勢最悪だ」と少し落ち込んだり、逆に1位だと「今日、何か良いことありそう」と少し得した気分になる。占い、運勢とは、その人の気持ちの拠り所となるものなのだろう。何かで失敗しても、2017年は後半から運気が良くなるって占いで言われたし、と前向きに捉えることができる。例え占いが悪い結果でも、それを事前に知る事でダメージを軽減させることができたり、上手く行けばトラブルを回避することだってできる。また、占いは、自分の可能性に気付き、新しく何かを始める原動力となることもある。2017年が勝負の年だと言われれば、来年までもっと頑張ってみようかなと期間をきっちり決めて努力することも出来る。テレビでの運勢占いだけではなく、今は占いの店舗も多数存在する。運勢が気になったら、実店舗に足を運んだ方がより自分個人に宛てた的確な言葉が貰えるだろう。何か悩み事、迷っていること、困っていることがある時は、まずは運勢を診てもらっては如何だろうか。

宇宙から始まる自然の摂理

考える人

「九星気学」とは生年月日と干支から占う方法です。人の運命を決めるのは誕生日であり本人は生まれる日を選択する事ができずにこの世に生を受け誕生します。誕生日とは因縁によって決まるというのです。泣きながら人は生まれてきて自分の力で呼吸をします、この時に初めて吸う空気を保気といい、これによりその人の性格が決まると言います。「九星気学」では人の気を9つの星に分けて考えます。それぞれ基本的な性質を説明すると「一白水星」の人は中年以降に運気が好転する人生で皆を引っ張って行くリーダー的な素質があります。「二黒土星」は母親のような誰かを育てて助ける性質の持ち主であります。「三碧木星」の人はエネルギッシュに活動する力がある人で若くして人生の芽が出る人が多い傾向にあります。「四緑木星」は若い時に人生を変える事が出来る柔軟性に富む性質と言えます。「五黄土星」の人は良い事も悪い事も自分が中心となる役目を持った性質と言われています。「六白金星」は人々の上に立ち仕事をしていく父親的役割の持ち主なのです。「七赤金星」は自分以外の誰かを喜び楽しませる事により自分自身の運命も輝く事ができる性質です。「八白土星」の人は誰かから技術を継承し守っていく役割を持つ責任感ある性質なのです。「九紫火星」は表現者のような感性を伝える役割を持ち、中年以降に華やぐ人生が待ち受けている人と言えます。「九星気学」は、それぞれの性質以外にも自分に最適な方角や健康管理法など信憑性の高い占いとして古い昔から人々に支持されてきました。積極的に運命を良い方向へと導いてくれる「九星気学」、沢山の占い方法で何を占って良いのか迷った時などにお勧めします。

客観的に考える

占い

どんなカップルにも訪れる倦怠期は、深刻な問題です。そのまま放置しておくと益々2人の溝は深まり、いずれ破局へと向かいます。どう対処したらいいのか、当人たちにはなかなかわかりません。倦怠期とは、ずっと同じ状態でいることからくるマンネリズムから陥るものですから、新しい角度から2人を見直すことが必要になってきます。そこで、占いやスピリチュアルに頼ってみるのも1つの打開策です。2人の相性や性格、運勢などを占ってもらい、客観的な立場から自分たちを見直します。自分の性格や生活態度の悪い面を知ることで、反省し修正していくことができます。家相を見直して、家具の配置替えや引っ越しをすることで、生活に変化を与えることもできます。占いによって明らかになる2人の欠点や性格のずれは、互いに補いながら改善していきます。鑑定で明らかになった自分の性格や生活態度の悪い点を謝罪した上で、普段から溜め込んでいた相手への不満の気持ちを告白します。倦怠期の原因の1つに、積もり積もった相手へのイヤな気持ちがあるからです。相手への干渉しすぎも倦怠期の原因になります。相手の仕事や未来が不安だったら、占いで危険回避の方法を探し、違う方向へ眼を向けて気を紛らわすことです。2人が出会った当時を思いだすことも、倦怠期解消には大切です。恥じらいが無くなり、なあなあになっていた部分を正す良いきっかけになります。過去のことを占ってもらい、2人の出会った状況や時期が未来にどう影響しているのか確認します。自然と、2人で未来に向けて歩み出せるはずです。2人で新しい体験に踏み出せれば、倦怠期は解消されていきます。

占いという道しるべ

ウーマン

自分が困っている時や悲しんでいる時に1つの指標となるのが占いだ。2017年もテレビで運勢占いが放映されるほど、占いは私たちの生活に深く根付いている。占いを活用すれば、人生をより豊かにすることができるだろう。

詳細を確認する

運勢を上げたいときは

水晶

自分が持っている負のオーラを解消したいときは、信頼できる占い師にアドバイスをしてもらいましょう。インターネットを使って占ってもらうことで、他の人に悩んでいることを知られずに済むというメリットがあります。

詳細を確認する

社内の矛盾を解く

男女

今の職場で不安と苛立ちを抱えている方は、転職すると良い道が開ける可能性もあります。仕事の悩みを相談できる占い師は、転職する時に、良い方角、月日などを占いで応えてくれます。仕事占いは、今抱えている悩みを良い道へ導いてくれます。

詳細を確認する